SAMPLE MOVIE

キメオナ用淫語 オナニーに陶酔できるドスケベ淫語ビデオ (MINR-001)パッケージ

監督:ビーバップみのる
出演:細川まり・ルビー
収録時間:124min.
DVD価格:オープン価格
品番:MINR-001
DVD発売日:2013年12月15日

【作品コメント】

陶酔しやすいように「途切れない長時間の言葉責め」「主観映像」「キメオナを理解してる女優さんの出演」「男の顔・アエギ声が出てこない」の4点にこだわって制作しています。淫語の雰囲気は、「チンポの先っぽから締め付けてチンポ溶かしちゃうぅぅ?気持ちイイ、気持ちイイ、生チンポ気持ちイイ、生チンポ気持ちイイ、生チンポ、生チンポ、生チンポ、ズル剥け生チンポ、ズル剥け生チンポ頭の中がチンポと手マンコのことしか考えられなくしてあげる?」です。

細川まりさんプロフィール
身長:168cm サイズ:B86・W62・H90

DVD価格:オープン価格

  • 公式通販サイトルーダスで購入
  • amazonで購入
  • DMM.comで購入
  • 店舗で購入

動画なら500円〜購入できます。

DMMでダウンロード購入

全編ダウンロード価格:1,980円(税込)mp4版のみになります。

X-CREAMで購入(MP4)

関連リンク:
【ルーダス通販】 細川まりちゃん出演作品一覧はこちら

*キメオナ用淫語の楽しみ方

ぶっ飛んだ脳みそになって、ヘッドフォンして、まりのスケベな言葉のリズムに合わせて、ブッコくのよ!
あせっちゃダメよ。

*まりからのお願い。

このビデオを見る時は、万全のセッティングをしてから見てちょうだいね

●キメオナ用淫語 細川まりさん淫語を文字越こし

#1 30分間の言葉責め手コキ

ああ、はあ、肺にしみこむわ〜。ほらゆっくり吸ってごらん?そう。ゆっくり、ゆっくり吸って、息止めて。1、2、3、4、5、6、710までガマンよ。 8、9、10…鼻から出してごらん、鼻から煙りだした方がキマるよ〜。ヌルヌルまりの手マンコで、チンポぶっこいてあげる。ああうん良く見て…。 ああ、、、んうんぅ〜ん、ああびしょびしょ…オマンコびしょびしょになっちゃった。見て、ヌルヌル手マンコ、手マンコ汁が溢れてる…。 どう?ヌルヌル手マンコの音聞いて…、ああ、ほらこんなに糸引いちゃってるの…どうしようもない手マンコ…、手マンコ…手マンコでいっぱい締め付けてあげる。 見て〜いやらしいまりの手マンコ…、う〜ん、ヌルヌル手マンコでチンポぶっこくと、もう頭の中が、チンポとマンコの事しか考えられないわ〜。 いっぱい締め付けてあげる。気持ちいいわ〜、ちんぽ熱い〜。ちんぽの先っちょから締め付けてあげる…。んやらしい音…手マンコ、手マンコ締まってるでしょ? ほら、手マンコの締まり具合…、手マンコの締まり具合どう?いっぱい締め付けてあげる…。ちんぽ苦しいって言っても離してあげない、だって私、チンポ大好き…。 チンポチンポ大好き、あなたのおチンポ大好き…、おチンポが大好きなの…あああ、キマってガチガチのチンポが好きなの…。 あああ、キマってチンポシゴくのが好きなの…。ああ、キマって、キマってあなたのだらしない顔が大好き…。 あなたのだらしない顔見るのが好きなの、ああだらしない変態の目で私をいっぱい見て…。ああ、私もだらしなくなっちゃう、変態になったチンポもっと近くで 見てあげる。気持ちいい、気持ちいい、気持ちいい…、生チンポ気持ちいい、ああ生チンポ気持ちいい…ああ生チンポ気持ちいい、ああ生チンポ気持ちいい、 ああ生チンポ気持ちいい…。ああ生チンポ気持ちいい、ああ生チンポ気持ちいい、ああ生チンポ気持ちいい。ああ生チンポ、生チンポ、生チンポ…。 ずる剥け生チンポ、ずる剥け生チンポ、ずる剥け生チンポ、ずる剥け生チンポ…。ずる剥け生チンポ、ず・る・む・け・な・ま・ち・ん・ぽ。 ず・る・む・け・な・ま・ち・ん・ぽ。ず・る・む・け・な・ま・ち・ん・ぽ。ずる剥け生チンポ、ずる剥け生チンポ、ああ、キマってる、ずる剥け生チンポ。 キマってる、ずる剥け生チンポ。キマってる、ずる剥け生チンポ。キマってる、ずる剥け生チンポ。ふふ…、キマって変態になってる、ずる剥け生チンポ。 キマって変態になってる、ずる剥け生チンポ。キマって変態になってる、ずる剥け生チンポ。凄い、凄くいい顔してるよ、脳みその中までチンポになってる顔してるよ。 脳みそチンポ。脳みそチンポ。脳みそチンポだよ。脳みそチンポだよ。脳みそがチンポなんだよ。いいわ、凄いいいわ、変態、チンポ汁出したら凄く気持ちいよね。 待ち遠しいいねえ。凄く待ち遠しいいねえ。チンポ汁、チンポ汁、手マンコに中出しするの、楽しみだね。チンポ汁、手マンコに中出しするの、楽しみだね。 イク時は手マンコでイクって言っていいからね、思いっきり叫んで、思いっきり叫んで、イッちゃうのね。うう…思いっきり手マンコの中で中出ししてね。 あああう…あああ大好きよ、あなたの事大好きよ。見てるわ、いっぱい見てるわ、凄い顔してもいい、いっぱい見てるわ、凄い変態、凄い変態になっちゃう。 いっぱい見せて、ねぇ、何?ダメよ、まだダメ、ちょっとずらしちゃぉ。ねえ。おっぱいみたいでしょ?ねえ、私のおっぱい見ながらぶちまけたいでしょ? 乳首勃ってるわよ、でももっと勃起したいの私の乳首…ねえ、ねえほら。もっと、あなたのイカれたチンポで私の乳首勃起させて。ねえ。ほら気持ちいいでしょ? 勃起した乳首と勃起したチンポ、ああ、これ、凄いいやらしい、勃起した乳首と勃起したチンポ。勃起した左乳首…ああ、ひっかかっちゃう、勃起したチンポの裏筋に…。 勃起した左乳首のクリトリス、引っかかる…、右乳首が寂しくなっちゃった。勃起した右乳首が寂しくなっちゃった。嫉妬してるの、ああ自分で触っちゃう…ああ 擦れる…気持ちいいねえ、凄い気持ちいいねえ、うううす凄い気持ちいい、凄いパンパンに勃してる。ああ、凄く硬くなってる、チンポも乳首も凄く硬くなってる。 上下に動かしちゃう…ううスケベ…、あああ私、私キマッてるから乳首も凄い敏感になってる。擦るだけで、こんなに乳首が充血してるんだもん…見て、ああ見て。 あああ、しびれる…乳首がしびれてる、ねえチンポもしびれてるでしょ?うううあああ、そろそろ本気出すわよ…。本気で壊れようね、ずっとあなたの目を見ながら ぶっこいてあげる、チンポも…ねえ、一緒に壊れよう?一緒に壊れるの。まりの前ではぶっ壊れていいよ。全部見るから。ぶっ壊れたところ見たい、ぶっ壊れたところ見たい。 全部見てあげる、全部、壊れて、壊れて、そう。まばたきしない、瞬きしないでずっと私を見て、そう、すっごい顔するね、そう目開いて、私だけを見て、 私だけに見せて、ぶっ壊れるところ、ぶっ飛ぶところ見せて、ほら、ねえ、見てあげる。息止めてごらん、頭の中で15秒数えてごらん。苦しいねぇ、苦しいねぇ。 脳に酸素が行かなくて苦しいねぇ、あと10秒、我慢してごらん。いっぱい酸素を取り込むとすっごく気持ちいいから。あと10秒、あと10秒…。 私も一緒に、私も一緒に10秒息止めちゃう。瞬きしない。ああ…あああ息止めたら、もっとキマるでしょ?そう、いっぱい酸素取り込んで、生きてるわね、生きてるって 感じするわよね。生命力を感じるわよね、もっともっと、もっともっと遠くまで行こう。もっともっと、深いところまでもっともっと…ほら、ね。 ああ、ん…あああん、狂いなさい、狂いなさい、いいわよ…。狂って、狂って…、いい顔、凄くいい顔、狂って…いい顔、すっごいチンポ汁出したがってる顔私によく見せて。 瞬きしないで見てあげる、一滴残らずチンポ汁出るところ全部見てあげる。ん??我慢してる所から見てあげる、ほらイケ、イケ…。 イクの手マンコに中出ししろ、イケ、手マンコに中出ししろ、手マンコにぶちまけろ、熱い、熱いチンポ汁ぶちまけろ、チンポ汁出すところずっと見ててあげる。 出して、だらしない顔ずっと見ててあげる、イクんだ、イケ、イケ…、イケ…出せ、出せ、臭いチンポ汁出せ、臭い、臭いチンポ。臭い臭い変態チンポ汁…。 出せ、出せ、出しまくれ、凄い早く見たい、見たい、チンポ汁いっぱい見たい。チンポ汁出す瞬間の、だらしない顔いっぱい見たい。 すっごい顔していっぱい出せ、すっごい顔、すっごい顔していっぱい出せ、すっごい顔大好き、すっごい変態な顔大好き、ああ…イケ、イケ出せ、変態な顔して いっぱい出せ、ぶちまけろ。ああ…ああ手マンコどくどくいってる…。ああ…ああ手マンコどくどくいってる…。手マンコの中でチンポがどくどくいってる。 脈打ってる…。チンポ汁…ドクドク…手マンコの中で…。いっぱい出てる…全部搾り出しちゃう…ほら、あああ、ああう〜ああああ、いっぱい出た。 ああ、気持ちいい、キメてると気持ちいいね。

#2 まりのスケベ話をオカズにブッこいて

みて、まりの顔、じっと見てごらん、上から上からなぞるように私の顔見て、そう、口まりの口に注目して。 ああ、その変態な顔でまりのお口見て、じっと見られると、お口がお口がじゅくじゅく濡れてきちゃう。見て。 ほら、お口、オマンコになってきたでしょ?口マンコ。お・ま・ん・こ。びっちょびちょの口マンコ、まりの口マンコはね、よくしゃべる口マンコなの。 ああ、スケベな話、聞いてくれる?この間ね、凄く疲れちゃったからマッサージに行ったの。 もちろん、キメて行ったのよ、それで、マッサージに行って…、個室のマッサージ店だったの。マッサージをしてくれるのは…か細い男の人だったんだけど、 この人が、私の体をどうほぐしてくれるのか、だって、あんなに華奢な体なのに。私のこの肉厚な体をほぐしてくれるのか凄く興味があった、大して力もないんだろうなって。 年齢は35歳くらいかな、まず部屋に入って、服のままじゃマッサージできないって言うから、置いてあった、体操着みたいな服に着替えたの。 上は半そでで、下は半パン。すっごい透けるの、こんな薄いTシャツとこんな薄い短パン大丈夫かなって思ったの、だって下着は付けたままでいいですよって言われたけど、 下着がスケスケなの。私あのとき真っ赤下着つけてたから…もちろんパンツはTバックだったの。それで下着のライン気にしながら、「着替えました、お願いします」 って呼んだの。120分のコースだったから、みっちりほぐしてもらおうと思って、ベットに横になってくださいって言われて、うつぶせに寝たの。 ああ、真っ赤な下着がスケスケだったから。それにキメて行ってるわけだし、もう、どんどん、どんどん、どんどん、見られてるだけで体が熱くなってきちゃって。 まだ触られてもないのによ。視線でその男の人が私の体のラインをなぞってるの、判るのよ。私は穴の開いた施術台にこうやってもぐってるんだけど、視線が刺さるのよ。 視線が。ああソレでね、「じゃあはじめます」って、普通タオルか何かかけてくれるでしょ?だけど、その先生、下着がスケスケのそのウエアからこうやって 触ってきたの。ああゾクゾクしちゃって…だってお兄さん…指ほそいんだもん、細いんだけど、指先に凄く力があって、私のこりこりにこってる部分もうピンポイントでわかっちゃって。 服着てるのによ、もう、私肌が凄く敏感になっちゃてて、普通に、感じちゃうというか、ほぐしてほしいのに、反応しちゃうの。それに、まぁ、布が一枚あるだけというのに凄く興奮しちゃって。 背中から、こうやってじょじょにほぐしていってくれて、脚まで一通りほぐしてくれて、背面がすんだら、じゃあ仰向けになって下さい、って。じゃあブラジャーもとってくださいって言うから、 待ってましたとばかりに、えっ?っていう顔して、そうですよね、マッサージしづらいですもんねって言ってホックをはずしたの。勿論はじらってはずしたのよ。 だけど恥じらいの中にも、こう…だってマッサージ師よ、うまいのよ、さわり方が特に。こう…ピンポイントで触って欲しいところを触るの、だけどその前に焦らすの。 たっぷり焦らした中で触ってくれるから、ブラジャーを取ったの、取ったら…、とりあえず仰向けで寝てください、ちょっと待ってくださいって言われたの。 私は…早く触って欲しい反面、何するかどきどきして待ってたの、何するのかと思って待ってたら、「あっ」って言うの。そしたらね、個室のドアの鍵をその人閉めにいったの。 わかるわよね?これから始まる事が、もうドキドキしちゃって…、でも完全個室で二人っきりって事よ。 私その人初めてだったし…、だからちょっと怖くなって目をつぶったの、何するんだろうって。でも怖いんだけど、凄く楽しみなの。 それで鍵を閉めた後、戻ってきて人の気配がするでしょ、あ、いよいよ触ってくれるんだって思ったら、生暖かいものをツーってかけられて、え?何?何ナノこれ? 液体をなじませるかのように、私のおっぱいに塗りこんできたの、これは、オイルね、そうオイルよ、乳首は勿論よけて、この、乳首と、乳房の境目を焦らすの、 凄く焦らすの、お願い、触ってって頭の中で凄く思ったけれど、だけどね、触ってくれないの、オマンコが完全におあずけ状態、むずむずするの。 もう、早く触ってって思ったの、じゃあって感じで先生の手がだんだん下半身へ手が伸びてきたの。ハーフパンツの上から、こってますね、張ってますね、って くぁあ、そうよ、はってます先生、だって私キメてきたし、リンパもはります、だけど私怖いから目をつぶってます、たまに薄目をあけて、マッサージのお兄さんの指使いを見てる。 目をつぶる事によって、彼がナニをしてるのか深く深く敏感に何をしてるのかわかっちゃう。リンパのつけねを弄られて、凄く弄られて、そしたらね、ハーフパンツ脱いでください、って言ったの。 下のハーフパンツ脱いでくださいって言ったの。そうですよね、判りづらいですよね。ハーフパンツ着てると。でも、下着一枚になるって事…私本当にスケスケの赤のTバックはいてたから本当に恥ずかしかった。 そこだけ一瞬私女になった。え、女、女の子、まさかはじめての人に、嬉しはずかしい感じよ、だって初めての人によ、他人によ。こうもういかにも気合はいってますって思われてもやだし。 でもまあ、ハーフパンツをぬぎました、そこで横たわりました、私凄く緊張しちゃう。期待しちゃう、だって赤いパンツ一枚だけよ、Tバック、スケスケの。何してくれるのかしら。 やっぱりね、その人はパンツ越しに、私のオマンコをじっと見て、その視線が伝わってきた。もうオマンコ熱い、汁も出てる、だって私自分のTバックがオマンコの部分が濡れてるのがわかったから、 触られてないのによ、さわって欲しくてたまんなくてオマンコからヨダレでてるのよ。オマンコの部分から、そうオマンコの部分がもうギュウギュウギュウギュウして、ギュウギュウ締まっちゃうたびに、中の 汁が膣、膣壺から出てきちゃうのよ、私のお汁が、そう、ケツの穴まで滴ってる。赤いパンツだからシミが良くわかる。恥ずかしい、早くでもマッサージして…お願い。 でもやっぱり、リンパの辺りから念入りにマッサージ始めたの。そう、やっぱり焦らされてる…。そう、でも私ね、焦らされるの大好きなの。大好きなの。 もっと焦らして、焦らしてって、ホント。焦らされてるだけでイキそうになる私って凄くみっともないでしょ、でもそのみっともない私、すごく興奮するの、 変態でしょ、焦らされるだけで我慢できなくて、自分で頭の中でイッて、頭の中で想像してる事が、そう、そうよ。私、自分の頭の中で、マッサージして、 私…もう変態なの、ずっとやっぱりパンティ越しに刺激してくるの、これマッサージですからって言うの。でね。それから付け根の部分から、パンティをこう、パンティを… 抜けて、指がこう抜けて…でもオマンコのふちは触ってくれるけど、オマンコの中は触ってくれないの。いよいよきたと思った、念願の…でもね触ってくれないの。 いくら待っても触ってくれないの。リンパの付け根を、私…もう本当に…まず腰を動かして…その手の軌道に乗せてやろうと思ったの。 ちょっとでも指の軌道にマンコが触れるようにと思ったの。でも、いいようによけてくの。完全にこれ、じらされてるの、焦らされてるだけでもおかしいのに触ってくれないの。 私、今みたいな顔に…今みたいな顔になっちゃって、私の顔終始目をそらさず見てた。私はずっと目を見開いて見てた何してくれるんだろうって。 そしたら、彼の手が、おっぱいにきて、もちろん…乳首をね…触ってくれたの。触ってくれるだけでイッちゃったの。もう頭の中おかしくなっちゃって。 だって、念願の、念願の、念願の…、私こんなに乳首触って欲しい、って願った事なかったから、私乳首こんなに感じるんだなって、 それでおもわずヨダレたれちゃって、そしたらその人オマンコの方に指を向けてくれたの、向けるだけよ。触ってくれないの。オマンコのふちをこう撫でてくれたの。 撫でてくれたのよ、もちろんパンツははいたまま、パンツとオマンコを、パンツの中に手を入れてオマンコの筋を撫でてくれたの、撫でてくれたの。 ああもう撫でられるだけで、私は頭がおかしくなりそう、お願い、指を入れて、お願い。指をいれなければ、私のこのだらしない口にぶち込んで、って。 だって先生もムラムラしてるはず。マッサージのお兄さんだってムラムラしてるはず。だって、テント張ってるんだもん。パンパンに、パンパンに…わかった。 ズボン越しに張ってるのが判った。ああもう私我慢できなくて、こんな顔してたら、指をね…入れてくれたの。思いっきり入れるんじゃないの。 じょじょにじょじょに、オマンコになじむかのようにゆっくり指をね、人差し指を一本…、中指を一本…徐々に、深く深く、お兄さんの指が入ってくたびに私の蜜壺からオマンコ汁が溢れ出すの もっと、もっとって…もっと深く、深く。そしたらマッサージのお兄さんね、「これもマッサージですから」って言うの。もう言葉だけでイッちゃう。 もう凄く体がほてってる、頭も、身も心も、もうマッサージに洗脳されてる。そしたら気づいたら指が二本入ってる。一指し指と中指…。 ずっと見てるの、私のオマンコに入ってる指を。それで、私もうとろけちゃって、頭の中で何回もイッて、頭の中で何回もイッてる事がオマンコに伝わって オマンコももうしびれちゃって、しびれちゃってる。だってもうキメキメだからオマンコ止められないでしょ。そしたら気づいたらお兄さんが私の横にすっと立ってて、 だって弄られてないから、オマンコ誰にも弄られてもないのに、残像でオマンコが勝手にイッちゃってるの。そしたらお兄さんがやっぱり横にいてチンコ出してるのよ。 もうぅわ〜って思って、これ私が欲しかったの、欲しかったもの、お兄さんのチンポ先汁凄く出てた、ジュルジュル。 お兄さん、グレーの、グレーのパンツはいてて、グレーのパンツにシミがびっちょり。何?このエロ汁は?と思って、私の、私のやらしい顔とやらしいオマンコに…。 もう私凄く興奮しちゃって。ああむしゃぶる様に食らいついたの、ああチンポ…ああチンポ…。って。ああ、臭いは、臭いはもう充満してた、いやらしいオスの香りがもう 充満してた。もう臭いだけでイク、あああイッちゃう、オマンコも触られてないのに、臭いだけでイッちゃう。って言って、鼻をこうギュッって押し当てて、 このチンポいとおしいチンポ、欲しかったの。このチンポずっと欲しかった、穴という穴を全部埋めて欲しい、このチンポで。 最後の一つまでこのチンポで埋め尽くして欲しいって。変態、私、そう思ってる自分に酔って。ほんといとおしい。このだらしない口マンコにぶち込んで、もう必死にくらいついたわ。 ああ…おっきなチンポ、犯して欲しい、犯して欲しい、体は華奢なのに、どうしてチンポはこんなに極太なの?凄い怪物、凄いモンスター、私はこの怪物に犯されたい。 そう思った、口マンコだけじゃ足りない、口マンコと下のマンコが、連結してるの、口マンコが締まる度に下のマンコもギュって締まるの。 奥まで咥えると、オマンコの、子宮の奥まで突かれてる感じ、もう変態グチョグチョ、ああ、もうスケベ、凄くスケベになっちゃうの、スケベを超えて、ドスケベになっちゃうの。 チンポ咥えてるだけで、いとおしい…。オマンコ舐めて欲しいけど、何もしてくれない、私がチンポしゃぶってる姿じっと見て、いじられてもないのに、マンコ、マンコ…。 腰がくねくねしちゃって、ああ凄い筋張ってる、ほら見て、こんなにスケベな唾液、ねえ、超変態でしょ?見て…私こんなに変態になっちゃった。 気持ちいい?私凄く気持ちいい。だって凄くいとおしいこのチンポ。私初めて、こんなに焦らされて、こんなに欲しいって思ったの。凄く焦らされまくったから。 チンポ触ってるだけで興奮しちゃった。どうしてくれるの?どうしてくれるのねえ、ちんぽ汁飲みたくて堪らなくなっちゃった。ああもうおかしい。 全部、全部が性感帯、細胞の一つ一つが性感帯なの。ほら、凄い、先生興奮するの?私も凄い興奮する、先生のおかげで凄い興奮しちゃってる。 ああ、私、先生のチンポ汁飲みたくなっちゃった、私変態の自分に酔いたい、もっともっと…、変態になって、先生のチンポ汁飲んで、浴びて、 お口の中チンポ汁浴びて、口の中にドロドロ…、先生、私の口の中先生のチンポ汁の臭いにして、ねぇお願い…。先生、もっと近くに感じたい。 先生のにおいを私にぶちまけて欲しい。ねえ欲しい…。先生、私、私の変態マンコ、先生の変態チンポ汁で、臭い変態汁でいっぱいにして、お願い、先生。 いっぱいぶちまけて。私の口マンコ先生のにおいでいっぱいにして、いっぱい…。いっぱいしゃぶって、いっぱいシゴいたの。先生、私にいっぱいチンポ汁下さい。 先生、私にこんなど淫乱、変態娘に、チンポ汁下さい、先生のチンポ汁下さい、先生のチンポ汁で、私の体内を、先生のチンポ汁で、汚染してください。 あくぁあ…ん…。あああ、先生、先生欲しいの私、お口の中で、お口の中に欲しいの私、一緒になりたいの、私のこのだらしない口マンコ、もっとおかしく、 もっとだらしなくしてほしいの、先生、ねえ。チンポ汁ちょうだい、チンポ汁下さい、ねえチンポ汁下さい…、チンポ汁下さい…チンポ汁でぶっ飛びたいんです…。 究極にぶっとびたいんです、わたしもう、究極に…ぶちまけて、あああん?先生…ああああんぁうヴうう、ああああ。 もっと…ああああ先生、私ザーメンを中出しされた口マンコ、チンポで突かれるのが好きなの…オマンコ…口マンコ痙攣を起こした…。オマンコも…下のオマンコも イッちゃった…。あああ先生、口マンコに中出しされた…ごっくんしちゃう…先生の、先生の汁を体内に…あああ、ああ…うう興奮しちゃう、今胃袋通過して、 オマンコの方まで先生のチンポ汁が…、どうしよう受精しちゃう…ああああいいい染み渡る。先生のチンポ汁染み渡ってる…。 いく…イッちゃう…あああ、ああああああ、ダメダメまだイッてる…あああああとまんない、どうしよういいい…。体の体の中の細胞に…いいいもうダメ。 ダメお尻の穴迄イッちゃう…。ああああだらしない、だらしない私、でも好きでしょ?こういうだらしない私好きでしょう?ねえ、だからもう一回、もう一回しよ。 もっとだらしない私見たいでしょ?一緒にだらしなくなろ?ごちそう様です。

#3 ケツ穴見せつけ淫語マンずり

ああ、ふううん…あああ、ねえ、私のケツ見ていっぱいブッコいて。私のケツ好きでしょ?ああブッコいてるところいっぱい見てるよ。 そう、シコシコシコ…シコシコシコ…そうチンポブッコいてる音、シコシコしてる音聞こえてくるよ、聞こえてる。聞こえてきちゃう。 ちんぽ、ちんぽ、ツバつけて、自分のチンポにツバつけて…そう、ねっとりした、いやらしい唾液を自分のチンポにぶっかけて。擦って。 臭いチンポ、もっと臭くして、あああ臭ってくる…あああ臭い唾液と臭いチンポがああ擦れてる…ぴチュぴチュイヤらしい音…。 擦れる度に臭い唾液と臭いチンポが…、すさまじい臭いになってく…。下品にブッコいて、私のこのイヤらしいケツ見て…。 下品にぶっこいて、ああ興奮する、その下品な目で、変態の目で、私を見つめて、チンポぶっこくの止めないで。動かしたままよ。 ずっと、動かしたまま。ああ下品にブッコかれると私も下品になっちゃうの。下品な女が更に下品になっちゃうの。下品な女、好きでしょ? 一緒に下品になっちゃお。うう、そう。一緒に、一緒にセンズリこいて。一緒にセンズリここう?センズリ見せあいましょ・ …あぁ…興奮してきた。ああ、うううああああ、ほら、そう、こいて。うう見て、あああイヤらしいパンティでしょ? ああ、そう、あなたがセンズリこくたびに、ブッコくたびに、どんどん面積が狭くなってっちゃう。パンツが食い込んじゃうの。 ああ擦れる…ああ…イイよ…。いやらしい汁…スケベ汁いっぱい出して…ジュクジュクのスケベ汁大好き…。ううあああん。 あなたのスジと私のスジ…。どっちが張ってるのかしら…、ほら…あああ、ふっくらしたところにあたった…、ああ…クリトリスが勃起してる…。 ねえ、そう…優しく…優しくね…そう…。ううああもうキマってるから優しく触られてなでられるだけでもう気持ちいい。 ああほら、あなたも、いっぱいいっぱいこいて、私のイヤらしいケツいっぱい見て、ああほら、パンティ食い込んでるところいっぱい見て。 パンティになりたい?ねえ、この食い込んでるところに押し当てて…あなたのその熱いぶっ飛んでるちんぽ。ううん、あっ…そう…ほら、 オマンコの臭い嗅いで。見られてるだけで興奮しちゃう、どうしよう…ほら…、ああ、見て、食い込んじゃって、あああ締まっちゃう…。 ああ、そう、この締まってるケツにグリグリチンポを押してごらん。入ってきて…ここに…ほら…。 ほら、呼吸してる、欲しがってる…あなたのぶっといチンポ…。欲しがってる、ねえ、おケツ全体がマンコになっちゃった。ケツまんこ。 ねえ、私のケツマンコを見てもっと興奮して、見たいでしょ?ああ、ケツにいっぱい力入っちゃう、いっぱい締めちゃう。 ほら、ああチンポ苦しい、苦しいよぉ…、おケツに、おケツが締まって、おケツにくぼができちゃう、見て、ケツえくぼ、ううん、ああ、ほら、 ココにくぼみができちゃうの。スキでしょ?ねえ、ケツの穴みたい?私のケツの穴見たいの?あっ手止めちゃダメよ。 ズリ剥いて、チンポの皮ズリ剥いて、私の、私のケツの穴見てもっとズリ剥いて、ほら、おケツの穴欲しかった?私のケツの穴…欲しい? そう、しごいて、私のケツの穴が、いっぱいシゴいてあげる。ああ、パクパクしてる。ねえ、ぶっこいて。まだ、ダメ、見て見て、いっぱい見て。 ほら、パクパクしてるでしょケツの穴、あああ興奮するケツの穴…。興奮する…そんなに激しく、そんなに激しくぶっこいて大丈夫なの? ダメよ、まだいっちゃぁ。まだ、まだ、イイ事いっぱいあるんだから、ダメ…見られてるだけでケツの穴開いちゃいそう、我慢しよう、ああ締まったケツの穴のシワの数 数えてみて。ほら、ああ…私ね、さっきケツの穴から気持ちよくなる錠剤入れちゃったの。ああすっごい刺激的、ケツの穴ってすっごく快楽を与えてくれるの知ってる? 私のケツの穴たっぷり見て、ああ苦しい…そう、チンポ、キンタマあがってきてる…そう…欲しい…私、キンタマ大好き…キンタマ…ああああダメ…キタ…、 あっ…あああ、う、あああ、凄いもうケツの穴キちゃう…、ほら…、中のものが出ちゃうの、それ位おケツが、ケツがゆるいの、ゆるいの私。ゆるくなっちゃった。 私、キマっちゃってる位ケツの穴ゆるいの、ケツの穴ゆるかったら締める力ないからだらしないもの出ちゃうかもしれない。それでも愛してくれるの?ねえ。 あああ、でも、ほらそのぶっこいた亀頭でグリグリグリ…。あケツ刺激して…あっヤバい…、クリトリスが苦しくなってきた…どうして? どうしてケツの穴弄られてるのに、クリトリスが反応しちゃうんだろう。あなたに見られてるから?私のこの変態な姿を見てぶっこいてるから? ねえ、まだ触られてもないのにクリトリスが大きくなっちゃってる…、見て…いっぱいヌイてあげる。あなたの為にいっぱいヌイてあげる。見て、勃起したクリトリス…。 イヤらしいでしょ…あああダメ私見られてるだけでクリトリス、あああ何か出ちゃう…。ダメだ…。あああクリトリス見られちゃった、あああダメ…。もうダメ。 オマンコ変態になっちゃった。もう止められない…。あああ、もっと刺激したい…、ほら、一緒にぶっここう?一緒にブッコいて、いっぱいぶっ飛んじゃおう、ねえ。 私のぶっ飛んだところ見たいでしょ、ねえ?いっぱい見たいでしょ?あああ力入っちゃう…すっごいい、すっごい…そんな近くでケツの穴見られたら興奮しちゃう。 パクパクしてるの…いっぱい…ねえ、臭いする?私のすっごい臭いする?ケツの穴の臭い…。ドスケベな臭いする?足りない?じゃあもっと近くでいっぱい見て。 ケツの穴ほら、パクパクするところ、ああ恥ずかしい…そんな奥まで見られたら、恥ずかしい、ゾクゾクしちゃう…。ああああうううあああ、ダメなんか変な気持ちになっちゃう。 あああ、見てほら見て見ていっぱい見て、出ちゃう…あああ温かい…。馬鹿になっちゃった。オマンコ馬鹿になっちゃった。オマンコ馬鹿になるところ見たい? 一緒にもっと馬鹿になろう?そう、キンタマ充血させて…。いいわよ、キンタマパンパン大好き、ボコボコのチンポ大好き。あくぁあおかしい、おかしい。 チンポシゴいて、チンポシゴいて、ほら…。ああチンポしごいてる逆の手で自分の乳首触って。あああ、ほら、すっごいイヤらしい。すっごい変態。 私と同じ事してる?ああううあああ、イヤらしい臭い…。あああメスの臭いする?コスる度にお互いイヤらしい…お互い大好きな臭いが…香ってくるねぇ…。 ああ、興奮する…。香ばしい、時に甘くて、時にすっぱい…あああイイよ…凄くいい…。あああいやらしい…センズリ見せてもっとセンズリ見せて私凄く興奮しちゃう。 ああ、馬鹿なオマンコ好きでしょ?馬鹿なオマンコ大好きでしょ?ねえ、私もおかしく更におかしくなっちゃう。ああもっと、サルになっちゃう。オマンコ猿になっちゃう。 猿マンコ…。もうヤル事しか考えられない…刺激する事しか考えられない…。どうしてくれるの?あなたのせいよ、ねえ。 ほらいっぱい見なさい。私の猿マンコいっぱい見て、そうそう。頭の中まで猿になって。獣になるのよ。シゴく度に獣になるの、私の…私のこのイヤらしい…淫乱マンコに。 あああ、ダメ、もう想像しただけでイッちゃう…。指が止らない…ねえ指を止めて…。腰が動いちゃう…イヤらしい大好きでしょ、もっと見て…。 大きな目で見て、ぶっこいてるその目で見て。ああでも私イッちゃう…見て、見て私を見て。あああ、イク…。 だらしない…私こんなにだらしなくなっちゃった…ああでももうダメよ…。ほらどんなだらしないところまで見た私がどこまでだらしなくなるか見て。 ダメ、手止めちゃダメ、私がいいって言うまでイッちゃダメよ。あああ、オマンコヒクヒクしてるのわかる?なんの音かわかる? ねえ、ほら、オマンコの中がギュウギュウしてるでしょ。ほらもっと近くまで来て、奥まで見せてあげる。ああ、ぶち込みたい?ぶち込みたいでしょ、ねえ。 私も、その大きなデカマラにぶち込まれたい…。あああ食べたい、食べたいって言ってる…。 あああ、ねえ、だから、そう、ほら、あああ、どう?キメオナ最高〜、キメてオナニーするの最高…。あああダメ、ああ更にキマっちゃう…。 あああ、いい…そう、もっと…見られてるだけで興奮しちゃう…。見られてるから、あなたに見られてるから変態になれるの…。 そう、あなたがいないとダメなの、一人じゃこんな風になれない。だから、もっと一緒に…。変態になろう…大好き、大好きよ、変態なあなたが大好き…。 変態な私をもっと愛して…凄い…私もっと、あなたに気持ちよくなってもらうために私集中しちゃう。 あなたの目を見ながら集中しちゃう。あなたは私のこの姿見ていっぱいぶっこいて、いっぱいブッコいて。充血チンポいっぱいブッコいて。見られちゃう。 見られちゃう。いっぱい見られてる。ああ…。すごいクルよ…キちゃうよ…。すごいのクルよ…すごいのきちゃう…。いや…あああダメ、そう釘付けになって。 私のこの姿に釘つけになって…。あああ、刺激しすぎておかしい…。もっと刺激欲しい…。あああ、ケツの穴すっごい気持ちいい…ヤダ…こんなぶっ太いの…。 あああ、ケツの穴にあててる…見て、凄いキてる…あああ我慢…我慢できない…。ああ、ダメ、ケツの穴でイっちゃう、ケツの穴でイッちゃう私をいっぱい見て。 あああ…、ダメダメいってる…余韻が…ダメ…触ってないのにイッてる…。お願いもっと見て、触ってないのにイッてるの…。ダメダメ…なんか、なんかクルの…。 止らない、どうしよう、誰か止めてねぇ、あああ…。私おかしくなってる…、どうしよう止らない…。何かおかしくなってる…。あああ、びちょびちょ、びちょびちょ…。 滴ってる…ねえ、イキたい?ねえ、そう、じゃあ最後一緒にイこう、私と一緒にイく…あああほら、もっと大好きなところ見て、お願い、お願い一緒にイクの…。 私あなたと一緒にイッたらもっと変態になっちゃう。あああ、凄い…見て、ねえ私、凄いのイッちゃうから、最後に凄いのイッちゃうから。一緒にぶっ飛ぼう。 もっと、もっと近くで見て、もっと来て、一緒に、一緒に…シゴいて、全部搾り取るの。全部ぶちまけるのよ。あああほら、ねえ、あああ何も言えなくなっちゃう…。 イク、いくのよ、もうスグいくの、オマンコとんでっちゃうの。あああコスってコスってくりくりクリトリス…ダメ…あああねえ、クリトリス責めながらイッちゃう… 破裂寸前…。あああイグ…ああああヴぁあああ…んおああいってる、イッてる、おかしくなっちゃう…。あああダメなの、ダメなのよ…。 首絞めると、最高に最高に気持ちよくなれる…。そうそう、首絞めてぶっこくの…あああもうちょっと…。ああああイクあああああっばあぁああ。 うん、あああふぅあああっ苦しい、苦しいイの、気持ちいい、気持ちよくなれたでしょ?気持ちよく飛べたでしょ?最高でしょ?戻ってきた??ねえ、 境目よ、ああああ出ちゃう…。

特典映像 ペニバン全身ラバーの変態女 ルビーさんによるキチガイ淫語を文字起こし

そんなにぶち込まれたいの??この淫乱淫女のチンポを、淫乱淫女のチンポをそんなにそのケツの穴にぶちこまれたいの? そんなにぶちこまれたいの、そんなに欲しいの?ぶっこんで、ぶっこんで、ぶっこんでぶっこんで、ぶち込むのよ、ほら。 そんなにぶちこまれたいの??この淫乱淫女のチンポを、淫乱淫女のチンポをほら、そんなにそのケツの穴にぶちこまれたいの? そんなに欲しいの?お前のチンポの先っちょもほらビクビクしてるじゃない。ねえ、何?前と後ろにそんなにほしいの? 入っちゃうかもねぇ、ほら、お前のケツの穴にグチョグチョグチョグチョ…。グチョグチョグチョグチョさせてちゃんと待ってるの? ほら淫乱ルビーのチンポがほしいんでしょ?淫女のチンポ、このチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポがその グチョグチョしてきたケツの穴にぶっこんで欲しいんでしょ?ねえ、そんなにほしいの? 何?私のこの淫乱チンポをシコシコしてほしいの?シコシコ?グチョグチョグチョシコシコシコシコ?シコシコシコシコしてるところ見たいのね? そしたら音を立てながらほら、こんな感じ?ほら音が立ってきた、ほら聞こえる?グチョグチョグチョグチョグチョグチョビチョビチョビチョビチョ聞こえる? ほら、淫女キチガイおんなの変態チンポからグチョグチョグチョ聞こえる?グチョグチョグチョした、シコシコシコシコシコシコシコシコしてるのが聞こえる? 音が聞こえるの?これ見て何?ケツの穴グチョグチョグチョしてきてる?もっとグチョグチョグチョグチョグチョグチョ音立てないとダメよ。 じゃないと、変態の世界に入れないの、ほら、グチョグチョグチョグチョグチョグチョ音立てながら、自分のケツの穴広がってきてる? もっとほら指2本位入る様に。自分で指つっこんでグチョグチョグチョ音立ててみなさいよ。私のほら淫乱チンポ、凄い音してきたわよ。 グチョグチョグチョグチョグチョグチョグチョグチョグチョほら、シコってるのよく見てる?ほらグチョグチョグチョシコってるとほらちゃんとこれ見て、 お前の淫乱なケツの穴、グチョグチョグチョしてきてる?指2本くらい入るように拡げてみなさいよ。もっと音たてて、私のこの淫乱チンポみたいに。 ちゃんと音立てなきゃダメよ、じゃないと変態の世界に入れないの。ド変態の世界に仲間入りしたいでしょ、ねえ。 もっとド変態の仲間入りしたかったら自分の指2本くらいケツの穴にぶちこんで見なさいよ。それでグチョグチョグチョグチョグチョグチョ音を立てて声を出すの。 声が出るようになったら指を3本くらい入れてみたらいいわね。そしたらこの淫乱チンポをズボっとぶちこんであげる。ほしくてほしくて堪らないんでしょ? ねえ、お前も何?ヒクヒクヒクヒクヒクヒク筋張ってきてるの?前も後ろも全部感じちゃってるのね、淫乱な所の先っちょから奥のGスポットまで全部感じちゃってるのね? 私はホラ、自分の淫乱チンポをシコシコシコシコシコシコシコシコしながらお前に話しかけてるんだよ?ちゃんと音立ててる?指ニ本くらい入る様になった? ねえ、まだ入る様にならないの?それじゃ変態の世界に入れないわよ。変態の仲間にしてあげない。それじゃへの字もないわ。ド変態って言うのはね、 グチョグチョグチョビチョビチョビチョグチョグチョグチョビチョビチョビチョグチョグチョグチョビチョビチョビチョ…に音立てて、 ビッチョビチョにシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコほら、センズリコキなさいよ。 センズリっていうのはね、チョグチョグチョビチョビチョビチョグチョグチョグチョビチョビチョビチョグチョ…淫汁をたくさん垂れ流しながら、 センズリこくのが気持ちいいのよ、それがど変態ってもの。たくさん淫乱妄想して淫汁垂れ流して、いつも自分で淫乱妄想して、オーガズムしなさい。 チンポの先っちょから、淫汁があふれ出てきたらビチョビチョビチョ音立てながらシコるのね。それがど変態。 判った?じゃあ判ったなら早く、音立てて、ビチョビチョ、グチョグチョに。ほら私のベロでグチョグチョに。変態淫乱妄想しなさい。 ほら、ほら、淫汁溢れてきた??ねえ、このベロ見て、ほらオカズにしてる?脳内妄想爆発してるわけ?ねえ。ほら、ほら早く淫汁ビチョビチョビチョにしてほら。 シコシコシコセンズリこいちゃってるの?脳内妄想爆発させてる?ほら爆発してきた?ねえ、してきちゃった?ベロベロベロベロ…。 ベロベロベロベロベロベロベロベロほらベロベロベロベロほらベロベロベロベロ…。ん?このベロでなあ…。淫乱チンポの先っちょをベロベロ…グチョグチョ…になってきたなあ。 びちょんこぐちょんこびちょんこぐちょんこビチョビチョビチョビチョ淫乱チンポになってきた?ねえ、もっと音立てないとダメ。もっと音立てないと。 もっと音立てなきゃダメ。ほら、ほら、そんな音じゃダメよ。グチョグチョビチョビチョビチョグチョグチョグチョビチョビチョビチョに、音立てて、 シコシコシコシコシコシコセンズリこきなさいよ。センズリっていうものはね、グチョグチョグチョビチョビチョビチョグチョグチョグチョビチョ…淫汁垂れ流しながら センズリこくのが気持ちいいのよ。それがど変態ってもの。たくさん淫乱妄想して淫汁垂れ流して、いつも自分で淫乱妄想してオーガズムしなさい。 チンポの先っちょから、ビチョビチョビチョ…音立てながらしこるのね、それがど変態。判った?脳内妄想爆発してるわけ?ねえ。ほら、ほらはやく淫汁ビチョビチョビチョにしてほら。 センズリブッコくの、脳内妄想爆発させてる?ほら爆発してきた?ねえ、ねえ、してきちゃった? ベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロ…ベロ…ほら、ベロベロベロベロほら、?このベロでなあ…。淫乱チンポの先っちょをベロベロしちゃう。 ほらベロベロベロベロベロベロベロベロほらベロベロベロベロベロベロベロベロ…。見てる? ほらベロベロベロベロベロベロベロベロ…、淫乱女はチンポが大好きよ…。チンポキチガイ女。淫女。ルビーはチンポキチガイ女なのよ。 ほらこんな風に、こんな風に、舐めてるところ見てセンズリこいてるの?淫汁溢れてる?ベロベロベロベロベロベロベロベロ…ほらベロベロベロベロベロベロベロベロ…。 脳内妄想爆発させてる?淫女っていうものはね、チンポがダイダイダイダイ大好きなのよこんな風に。 ベロベロベロああああ、んベロベロベロ…淫乱チンポスジ張ってきてる?がちがちになってきてる?あら? そんなにブッコまれたいの?ちんぽをぶっこいて欲しいの?ぶっこいて欲しいの?こんな風に? こんな風に?こうやって?こういう風に?ブッコいて欲しいのこういう風に?こんな感じで、 チンポ大好きキチガイ女はこういう風にぶっこいちゃうのよ…。ほらほらほらほらほらほらこんな風に私にチンポを弄ばれてるのよ。 そのチンポをを弄ばれてるのよグチョグチョグチョ音を立てながら。ほらチンポを弄ばれてるのよ、ど変態チンポを。 ほらシコシコシコシコシコシコ音を立てながら、ぶっこかれるのよ、こうやってシコシコシコシコシコシコ…。 グチョグチョグチョ音を立てながら、こんな風に弄られて、弄られて、弄られて、こんな風にブッコかれるのよ、こんな風にブッコかれたい? ほらこんな風に音を立ててブッコかれたい?こんな風にチンポの先っちょを音を立てて、ギュウってされてこんな風に音を立てながら。 こんな風にチンポの先っちょをこんな風に亀頭の先っちょを弄られて、グチョグチョグチョにされたい?シコシコシコシコシコシコほら、ブッコかれたいの? ほらど変態チンポの先っちょが赤くなってきたじゃない。ド変態すももちんぽ。まっかっかよ、ヤダ、はれてきちゃったのかな?でもこんな風に腫れててもぶっこかれるのよ。 もっとこんなふうに音を立てなきゃダメでしょ、こんな風に、ブッコいてもらいたかったら、こんな風にほら、目に焼き付けて、ほらよく見てほら。 まっかっかになっても、まっかっかになっても、まっかっかになっても、まっかっかになっても、まっかっかになってもほら。 こんな風にグチョグチョグチョグチョ弄ばれて、シコシコシコシコシコシコされるのよ。こんな風にね、弄ばれて、弄ばれて、弄ばれて…。 変態チンポの先っちょをブッコかれるのよ。ほらほらほらほらほらほらほらほらほらほらほらほら…こんな風にこんな風にこんな風にこんな風にほらほらほらほら。 ほらほらほらほらグチョグチョグチョ、ほら私の手でやられるとド変態チンポがこんな風になるでしょ。ねえ。ほらほらほらほらほら、聞こえる? この音。ねえ、ほらこんなまっかっかなすもも色のど変態チンポになってきた、ほらほらほらほらほらほらほらほらほらほら。 何…出てるよ、出ちゃってるよ、ほら。出ちゃってるよ、出ちゃってるよ。

SAMPLE IMAGE